世界初、映画館体験型PRでアルツハイマー啓蒙。疑似体験が自分ごと化へ。

世界初、映画館体験型PRでアルツハイマー啓蒙。疑似体験が自分ごと化へ。
SNSTweet about this on Twitter0Share on Facebook0Pin on Pinterest0

伝えるのではなく、疑似体験させることで、理解を深めさせるという、PR事例。人の心、関心は、説得されても動きません。自分が体験することで自分ごととなって、初めて、理解をしようと心が開かれます。「アルツハイマーという病気の病気の本質」について理解が深まる施策です。

 

 

【プロモーション概要】
アルツハイマー患者の支援団体「EMDA Israeli Alzheimer Association」が、イスラエル市民へのアルツハイマーに関する理解を深めることを目的としたプロモーション。

『世界アルツハイマー意識喚起週間』に合わせて実施されました。

映画を見に来た人達に、観客が期待していた上映映画とは違う映画をスクリーンに映すことにより、「会場を間違えたかな?」「私たちが見たい映画はこれじゃない。」と困惑を生み出したところで、次のテロップが流れるという施策です。

 

いいえ、あなたは会場を間違えていません。正しい会場にいます。ただあなたに、アルツハイマー患者と同じような「自分自身の認知機能が失われたのではないか」と困惑する不安な感情を体験して欲しかったのです。実は、アルツハイマー患者は、イスラエル国内に10万人もいるのです。

No, you didn’t get the theatre hall confused, you’re at the right movie.We just wanted you to experience experienced by 100,000 alzheimer patients in Israel.

 

1:1万人がダイレクトに体験
2:ダイレクトに体験した方が、ソーシャルを中心に拡散。テレビのパブリシティも獲得

上記の様な成果を獲得しています。

 

参照サイト

Ads Of The World