コカ・コーラが音楽家にインスパイアを与えるとしたら|瓶で作ったマリンバで

コカ・コーラが音楽家にインスパイアを与えるとしたら|瓶で作ったマリンバで
SNSTweet about this on Twitter0Share on Facebook0Pin on Pinterest0

コカ・コーラがミュージシャンにインスパイアを与えるとしたら|瓶で作ったマリンバが奏でるハッピネスシンフォニー

 

もし、コカ・コーラがミュージシャン(音楽家)にインスパイアを与えるとしたら・・・というお題。

コカ・コーラ社の出した答えは、瓶で作ったマリンバ。

世界的マリンバ奏者のOLIVIER SALAZARさんとコラボしてできた動画の紹介です。

 

Coca Cola Marimba meets OLIVIER SALAZAR

Coca Cola Marimba

Coca Cola Marimba

Coca Cola Marimba

Coca Cola Marimba

動画はこちら

 

ブランドと音楽家(ミュージシャン)のコラボレーションはよくある事例ですが、

コカ・コーラ社のプロモーションは秀逸なプロモーションが多いです。

今回のプロモーションのポイントは、次の4点です。

・瓶がマリンバ(楽器)になるという画作り、
・OLIVIER SALAZARという世界的マリンバ奏者とのコラボで話題性、権威性を創出し、
・音とリズムで、聴覚からも記憶に残すことに成功
・コカ・コーラが人々の生活に近いところにあり、
 幸せを運び、インスパイアさせるものというブランドメッセージを自然と伝えることができる。

コカ・コーラのことを思わず好きになっちゃう、秀逸なプロモーションです。

真似できそうで、真似が難しいプロモーションだと思います。

ブランドとマーケットのコミニュケーションの取り方のお手本だと思います。

違いをもたらす違いは、クリエイティブの妙かもしれません。

コカ・コーラ社のコミニュケーションスキルは毎度、参考になりますね。

参考サイト

Creative Criminal:Coca Cola Marimba