「Adpop」欧米・日本の秀逸な広告・PR事例から、企画の肝であるマーケティングエッセンスを見つける”WEBビジネスマガジン”

世界初、映画館体験型PRでアルツハイマー啓蒙。疑似体験が自分ごと化へ。

伝えるのではなく、疑似体験させることで、理解を深めさせるという、PR事例。人の心、関心は、説得されても動きません。自分が体験することで自分ごととなって、初めて、理解をしようと心が開かれます。「アルツハイマーという病気の病気の本質」について理解が深まる施策です。     【プロモーション概要】 アルツハイマー患者の支援団体「EMDA Israeli Alzheimer Association」が、イスラエル市民へのアルツハイマーに関する理解を深めることを目的としたプロモーション。... read more

アルツハイマー病への正しい理解を目指して。もし自分の妻の顔がわからなくなったら…。

アルツハイマー病への正しい理解を促す活動に取り組む「Alzheimer’s Association」が制作した啓発広告。   ・娘バージョン   ・夫バージョン   ・孫バージョン   各作品の作者名は、“By Alzheimer’s”(アルツハイマー患者)とクレジットされています。 アルツハイマー病の患者が“通常私たちが見ている世界とは違う視界、記憶の中で、生活していることが、一瞬で伝わる、秀逸なクリエイティブです。   参照サイト adeevee   人気の記事:... read more

タバコのリスクを伝えるクリエイティブ広告

禁煙を啓蒙する広告を伝える為に、明らかに危険なシーンに喫煙所(スモーキング・エリア)があるビジュアルに仕立て、タバコのリスクを伝えたクリエティブ。 コピーは、“Is it worth the risk?(リスクを負って、吸うのですか?)”   ・ライオンの群れの中編   ・線路のど真ん中編   ・薄氷の上編   参照サイト Ads Of The World   人気の記事:... read more

あなたのクリエイティブ度チェック|これ何の広告?ミニトマトの口紅と、アスパラのハイヒールで表現するものは?

イギリスで実施された大手老舗デパート、ハーベイニコルズのプリント広告。 デパート内のレストランフロアを告知する為に製作したクリエイティブがこちら。   ミニトマトのリップステッィク編   アスパラのハイヒール編   リップスティックの口紅の部分がトマト、ハイヒールのヒール部分がアスパラガス。 ファッションアイテムの一部を食べ物にすることで「デパートの2階にレストランができました」というメッセージを訴求することでした。 コピーは、 “Harvey Nichols Manchester. Second... read more

広告・PR事例

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
「Adpop」欧米・日本の秀逸な広告・PR事例から、企画の肝であるマーケティングエッセンスを見つける”WEBビジネスマガジン”